今日は4か月間にわたり学習してきた水泳学習の最後の時間でした。
その最後の時間に行ったのは「着衣水泳」です。


DSCF1524 (640x480)


水泳を学ぶ目的は,泳力を高めることや心身の健康促進など様々ありますが
「自分の命を守ることができるようになること」が最も重要です。
本校では,毎年水泳学習の最後の時間にこの「着衣水泳」を行っています。
服を着たままで水に入ったときの感覚は実際に体験しないとわかりません。
児童生徒たちは,体にまとわりつく感じや,
想像以上の重さがあることなど,
泳ぎにくさを体感していました。
また,くつやペットボトルにつかまって浮く姿勢も学習しました。

DSCF1555 (640x480)BlogPaint


いざというときに,落ち着いて「自分の命」を守ることができるように,
今日学習したことを覚えておいてほしいと思っています。